Read Article

おなら、ゲップ、くしゃみを我慢する方法!健康への影響は?

おなら、ゲップ、くしゃみを我慢する方法!健康への影響は?

 

親しき仲にも礼儀あり、相手を思いやるこそ常に心がけておきたい言葉ですよね。

 

相手に不快な気持ちを与えることであれば、出来る限りしないよう努めていきたいですが、体のことになると自分の自由になることばかりではありません。

 

おならやゲップ、くしゃみなど、自分の体から出るものでコントロールの難しいもの。

 

体のことですから我慢することで体に悪いんじゃないか、健康に影響が出るんじゃないかとも心配ですよね。

 

なぜおならやゲップ、くしゃみは出てしまうのでしょうか。

そして我慢する方法や、我慢しすぎてしまったらどうなるのか、調べてみることにしましょう!

 

スポンサードリンク

体から出て行く仕組み

DI_IMG_5788500-thumb-815xauto-17945

基本的に体内から出る空気、ガスは体内臓器の活発活動により誘発されます。

 

原則としては出ることによって体が、臓器がきちんと活動している証拠であり、健康な証明でもあるとされますが、逆に活発すぎることが病気の警告であることもあり注意が必要な場合もあります。

 

おなら

 

おならは食べ物を摂取した際に体内で消化されることによって発生するガスが腸内にたまり排出されます。

おならにはニオイがくさいもの得策ないモノの二種類にわかれ、食べたものによって左右されます。

 

イモやマメ、炭水化物や脂肪などはニオイのあまりしないもので、肉やタンパク質を分解したおならは多少くさくなってきます。

 

ゲップ

 

ゲップも同じく、食べ物を食べる際に一緒に飲み込んでしまった空気などが体内で循環し食道から排出されることで起こる生理現象です。

 

人はモノを食べるとき多かれ少なかれ空気も一緒に飲み込むので、個人差はあれどうしてもゲップを必要を出す必要性があります。

 

そんなのしてないわ!という人はゲップという形以外で体内の空気を外部へ排出していることがあり自覚がないこともあります。

 

くしゃみ

 

くしゃみは鼻から侵入しようとする異物、物理的なものだと埃や、目に見えないウイルスなどによって排出しようとおこる反射の反応です。

 

刺激物、たとえばコショウなど吸い込むと、くしゃみがとまらなくなる事があるように鼻から入るもので体が異常物だと判断すればくしゃみは起こります。

 

冬の寒い日などのくしゃみは冷気などを鼻から吸い込むことによって反射反応が出るためです。

 

スポンサードリンク

 

人前でしないための対策と、我慢しすぎていけないこと

DI_IMG_5780-thumb-815xauto-17947

おなら、ゲップ、くしゃみ、それぞれ人前ではなしない、というのが暗黙のルールでありマナー。

 

おならやゲップには臭いが不快という理由からであり、くしゃみはウイルスの飛沫感染などの理由が挙げられ、人の嫌なことはしてはいけない、という思いやりが根本にあるからです。

 

だからといって、絶対しない!絶対しない!と我慢していると正常な体の機能を我慢して止めている状況に陥ってしまいます。

 

自分の体も思いやって、人前以外のトイレなどで済ませるのが社会とともに生きていくものの賢い選択です。

 

さて、ではそれぞれ我慢をしすぎて何がいけないのか、を説明いたしましょう。

 

おなら

 

おならは体内のガスを出す行為、我慢するということはガスの排出を我慢するということです。

 

お腹が張ってつらい気持ちになったり、気づかないうちに肝臓や腎臓にも負担をかけ、体内臓器の循環を妨げてしまう可能性があります、

 

なお、我慢してもいないのにお腹が張ってしまったり、ガスが溜まった感じで気持ちが悪くなってしまったりする場合は病気の前兆であり、少しでも異変を感じた場合はすぐお医者さんの指示を仰ぐことにしましょう。

 

逆に人前で我慢したいのに何度も何度もおならが出てしまう、我慢できない、というのも病気の前兆傾向ですのでいずれにしても病院へ行く必要性があるでしょう。

 

おならを極力でないようにするにはガスを発生させる炭酸飲料の摂取を避けたり、意識してアゴをかみ締めないように租借してみるなどで対策することが可能です。

 

ゲップ

 

げっぷは食事中飲み込んでしまった空気を排出してしまう行為、我慢することで胃の膨張かんがとれなかったり食道につまったような感覚が現れたりします。

 

体内の空気排出を我慢しすぎてしまうと空気呑気症や逆流性食道炎という病気の発生にも繋がりかねないので要注意。

 

ゲップが出ない、つねにお腹の膨張感がとれないなどの症状がある場合はおなら同様、なにか別の病気の可能性がありますので早め早めにお医者さんに相談しましょう。

 

ゲップの頻度を抑えたい場合は、食事をゆっくり食べ、空気を余り飲み込まないようにすることで程度改善が図れます。

水をゆっくり飲んでみる練習から始めてみるのが良いでしょう。

 

くしゃみ

 

くしゃみは侵入してくる異物に対しての反射反応ですから、止めてしまうと後々むずむずとした感覚が長引いてしまうことになります。

 

出せるときに出してしまうのがよいのですが、止めてしまった、止まってしまったときは、もちろん人のいないところで光源を見るなどしてくしゃみを呼び戻します。

 

鼻と目と耳は神経が繋がっているので光の刺激から誘発されて再度くしゃみを出すことが可能です。

 

くしゃみを抑える、という方法はおならやゲップよりも急に発生する頻度が高いのでみなさん経験があるかもしれませんが、鼻の下を押さえると出すのを止めることが可能です。

 

また力ずくで力んで止める、というのも効果的。

息ごととめて、くしゃみも止める!という方法も昔から存在しますね。

 

 

生理現象は誰にでもあるもの、本当のマナー

DI_IMG_5783-thumb-815xauto-17876

おなら、ゲップ、くしゃみ、人前でしないのがルールでありマナー、そう伝えましたが、人間である以上、内臓が正常に機能している以上予期せず発生してしまうことはあるでしょう。

 

その時に、わざわざ相手に臭わせてしまおう、つばをかけてしまおうなどと考えるのが本当のマナー違反であり、相手に不快な気持ちをさせない努力をしたけれど出てしまったことは消してマナー違反ではありません。

 

きちんと申し訳ないと断った上で、相手を思いやるのなら仕方の無いことであると相手もわかってくれるでしょう。

Return Top