Read Article

アンクルウェイトの使い方と効果!ランニングやウォーキングでの効果はどうなの?

アンクルウェイトの使い方と効果!ランニングやウォーキングでの効果はどうなの?

 

アンクルウェイトをご存知ですか?

 

足首に装着するおもりのようなもので、これを付けて運動を行うことで様々な効果が得られるとされているものです。パワーアンクルという別の名称もあり、そちらで呼ばれていることもあります。

 

しかし、実際のところ本当に効果があるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではアンクルウェイトについて解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

アンクルウェイトで脚力が鍛えられるかどうかは諸説ある

018ec85d1b8fe92276779df923f44ac7_s

アンクルウェイトを装着すれば簡単に脚力を鍛えることができるとされており、そうお考えの方も多いでしょう。

基本的には、アンクルウェイトを装着することによって足に負荷がかかるため、着けておくだけで足の筋肉を鍛えることができるとされています。

 

しかし、脚力を鍛えるという効果は期待できないという意見もあります。何故かと言うと、「アンクルウェイトは足首に巻くため、負荷がかかるのはそれよりも下なので脚力をあげる効果がない」ということです。

 

なぜ足首より下に負荷がかかっても効果がないのかというと、足で地面を蹴るにあたって重要なのは太ももなどもっと上の部分の筋肉であるためです。

意見はそのような否定的なものだけではなく、実際にアンクルウェイトを着けて生活し、足が早くなったという人もいます。

 

また、膝を傷めて長い期間足を動かせていないという場合は、アンクルウェイトを装着してリハビリを行うことで向上を図るという方法があります。

 

アンクルウェイトを足首に装着して大きくもも上げの運動を行えば、結果的には普段よりも重くなった足を持ち上げることになります。そのため、ある程度の筋力の増加への要素としては期待できます。

 

ただし、実際のところ足首は太ももを上げたところでそれほど上に持ち上がる部位ではありません。そのため、通常との差はわずかと考えられます。このように、アンクルウェイトというものは使いどころが難しいです。

 

アンクルウェイトは場合によっては余計足を悪くすることもあり

c977b2b53cc95e68e2dc9550fd8b0f18_s

アンクルウェイトを着けていたら装着している部分がすりむけたという話もありますので、使用上の注意を守って装着し、また違和感を感じたらすぐに外すようにしましょう。

 

アンクルウェイトを着けて活動して、違和感を感じたら外すという事を続けていくうちに、触れている部分がすりむけるというようなことは減っていくかもしれません。減らなかった場合は、諦めることも考慮したほうが良いでしょう。

 

ウォーキング、ランニングでの効果はよく期待されますが、これらについても装着しながら動き続けた結果、足と擦れて痛くなるというケースが見受けられるため、余計に足を悪くする可能性があります。

 

効果もそれほど期待はできないため、アンクルウェイトを着けてランニングやウォーキングをすることは避けたほうが良いでしょう。外で足が不調になった場合、帰るのが大変です。

 

スポンサードリンク

 

アンクルウェイトはふくらはぎのトレーニングに便利

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

レッグレイズというトレーニングがあります。これは寝た状態から足を大きく上げたり下げたりするというものです。つまり、足を大きく上に上げるためアンクルウェイトの重さは活用できます。

 

より重いものを持ち上げることになるため、腹直筋や腸腰筋を鍛えるのに便利です。

 

また、できるだけ重いものを用意したほうが良いですが、アンクルウェイトをダンベルの代わりとしてフロントレイズやサイドレイズといったトレーニングを行うこともできます。

 

フロントレイズは、肩の前側をトレーニングすることができるという内容の筋トレ方法です。

やり方は、まず両手にアンクルウェイト(本来はダンベル)を持ちます。そして、直立しましょう。

 

ごくわずかに肘を曲げた状態で、順手(手の甲を外側に向けた状態)で太ももの前に両腕でアンクルウェイトを構え、円を描くように胸の前までアンクルウェイトを上げてから元の位置に戻すという運動を行います。

 

これを連続で20回程度行い、少しだけ休んだらもう一度…という流れになります。

3セット、合計60回程度行うことを毎日続けていけば、肩の筋肉は鍛えられます。

 

サイドレイズは、三角筋の真ん中あたりを鍛えられる筋トレ方法です。

こちらもやはりまずはアンクルウェイト(ダンベル)を両手に持ち、肘を少し曲げます。そして、すこし足を開いて前かがみになります。

 

あとは肩と平行になる程度に、両腕を上げていきます。フロントレイズとの違いは、横側(側面)に腕を開いていくというものであることです。

完全に真横ではなく、少しだけ腕が前に出ることを意識しながら行う必要があります。必要のない部分は動かさないことを意識して行いましょう。

 

これらのようなことが、アンクルウェイトで行えます。

 

おすすめのアンクルウェイト

d8aa9780c6bc881756ffbac457210d4d_s

アンクルウェイトは、Amazonで気軽に購入することができます。アンクルウェイトはどれも基本的に安く、2000円もかかりません。

 

最もおすすめのアンクルウェイトは、「トータルフィットネス(TotalFitness) ソフトアンクルリストウェイト 1kg 2個組 STW080」です、重さは1Kgと軽すぎず重すぎない程度ですし、値段も1709円と気軽に購入できます。

 

Return Top