Read Article

車は放置して乗らないと壊れる?バッテリーやエンジンは長期間動かさないとやばい?!

車は放置して乗らないと壊れる?バッテリーやエンジンは長期間動かさないとやばい?!

 

車を購入したものの、なかなか乗る機会がなく長い間乗っていないという場合。

機械は長い間使っていないうちにいつの間にか壊れてしまっていることがありますよね。

 

車であってもそうなのか、気になってさらに乗るのが恐いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、車を長期間放置しているとどうなのか、乗っても大丈夫なのかということについて解説しています。

 

スポンサードリンク

 

車を長期間放置するのはやめたほうが良い

7f734b0227eccf82cd1cbb1e53892e35_s

結論から言いますと、車に乗らずに長期間放置すると、様々な状況によっていろいろな場所が劣化してしまう可能性があります。

例えば新車か古い車かによって危険度は大きく変わりますし、車庫の有無でも変わります。

 

数年間乗っていた古めの車で野ざらしの状態の場合、半年近く車を放置してしまった状態の車について考えてみましょう。

 

タイヤが壊れる

fdb951d0db96d7ff0b707cf90c1d11e4_s

まずはタイヤが危険な状態になっている可能性があります。

乗ろうと思った場合、まずはタイヤを目視してみましょう。

 

もしかしたら、タイヤがひび割れていたり、変形した状態になってしまっていたりするかもしれません。

特に地面が舗装されたアスファルトだと、タイヤの劣化は早まりますので長期間の放置は危険です。

 

バッテリーの劣化にも注意

b2ec15c79cbdb5b541b15c0737d2cbd5_s

タイヤが無事だったとしても、安心はできません。

車のバッテリーをチェックしてみましょう。バッテリー液の量が基準内に収まっていれば、とりあえずは安心です。

 

液漏れがあるなどの異常があったら危険ですので、そのまま乗ってはいけません。

続いて車に乗ってエンジンをかけてみて、モーターが回るか確認する必要があります。

 

バッテリーが切れていたらモーターが回りませんので、バッテリーを充電するかJAFに連絡する必要があります。

バッテリーは、車が走ることによって充電されるので長期間放置すると切れてしまうのです。

 

エンジンの確認も重要

5eb8818721d6f667045066aa84fd2eba_s

エンジン音に異常があったら、ディーラーやJAFに連絡する必要があります。

また、ワイパーやメーター、ウインカーなどもしっかり点検しましょう。

 

もし異常を感じられなかったとしても、あとからすぐにおかしくなる可能性も少なからずありますので、念の為にガソリンスタンドなどに行って点検してもらうことをおすすめします。

車を走らせるときは、壊れる可能性も考えてとりあえず近場にしか行かないほうが良いでしょう。

 

近場のガソリンスタンドなどに行って、点検を受けて問題がなければ利用して大丈夫です。

また、走り始めたらブレーキなどに異常を感じるかもしれませんので注意しましょう。

 

エンジンは、油膜によって金属同士が擦れて壊れることを防いでいます。ところが、長期間放置するとこの油膜が剥がれていってしまうためにエンジンを再び掛けた際に壊れてしまう可能性があるのです。

 

スポンサードリンク

 

車に長期間乗らない場合もしっかり保管・整備しておく必要がある

51a0b45f5d92c7ded0f02f564b7dcc2a_s

乗らないと壊れてしまうと言っても、車に長い時間乗れないということはどうしてもありますよね。

乗らない状況でもしっかり整備はしておくことが大事です。壊れないように心がけましょう。

 

例えば、年単位で乗らないことが予想されるのであればガソリンを抜くか満タンにしておきましょう。

実はこれには様々な説があるため、どちらがベストとは言いがたいところがあります。

 

ガソリンを抜くと、ガソリンの劣化による車の故障を防ぐことができます。

ガソリンが満タンだと、こちらもタンク内のサビなどが発生しないようにできるのです。

とりあえず中途半端に入れておくのが、一番危険です。

 

また、駐車場所としては路上ではなく屋根がある屋内に車を止めたほうが良いです。

しかしなかなかそのような駐車スペースがないということもありますよね。

 

その場合は、カバーなどをかぶせておきましょう。野ざらしは危険ですので、できるかぎり直射日光や雨が当たるままにしておかないようにすることが大事です。

ホイールを外しておけば、タイヤの劣化も防ぐことができますよ。

 

そしてバッテリーの端子(マイナスターミナル)を外しておけば、バッテリーが上がってしまうことを防ぐことができます。こちらも数ヶ月乗らない場合は検討してみましょう。

 

維持費がかかるのであまりに乗らないのであれば売却の検討もアリ

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

さて、乗らない車の維持費ですが、まずは自動車税がかかります。

排気量によって金額は変わりますが、年間数万円程度が必要です。

 

そして場所によって異なってきますが、駐車場台も必要になる場合があります。

自宅に駐車スペースがない場合は、月1~3万円程度かかるでしょう。

 

さらに自動車保険も数万円必要となります。

また、車検も必要ですので2年ごとに10万円弱かかります。

 

これらのことを考えると、全く乗らない期間がすごく長くなる場合は一旦売却してしまったほうが良いかもしれませんね。

維持費だけでこれだけかかりますし、さらに保管にも様々な対策が必要となってしまうのでデメリットばかりです。

 

月に1~2回しか車に乗らないのであれば、レンタカーでも良いかもしれません。

Return Top