Read Article

基本はこれだけ!キャッチボールの6つのコツと3つの練習方法!

基本はこれだけ!キャッチボールの6つのコツと3つの練習方法!

まったくしたことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、キャッチボールについて解説していきたいと思います。

 

非常に初歩的なことでもありますし、またそれゆえに学校ではあまり教えてくれない「キャッチボール」。

まったくやり方がわからないという方のために、この記事ではコツ練習方法をわかりやすく説明します。

 

キャッチボールやあるいは野球などを行う機会が今後あり、どうしていいかわからないという方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

キャッチボールのコツ

 

まずは、キャッチボールのコツを解説します。

 

キャッチボールの基本

5085669ff73179a168caaf76d1be9fb4_s

キャッチボール自体が野球の基本のような存在ですが、キャッチボールにも行っていくにあたっての基本があります。

キャッチボールというものは体全体をうまく動かしていくものです。

 

そこを考えながら練習していくことで、うまくなっていくことが考えられます。

今までどうにもキャッチボールが上手くいかなかったという方は、何も考えずただボールを投げたり取ろうとしたりしているのではないでしょうか。

 

この記事を読んで、どうやってボールを投げ、また取れば良いかを知り、それを意識しながら練習すればきっとみるみるうちに上達していくことでしょう。

 

ボールをキャッチする相手を見る

4205ada73cb72da4898eeb553ab4dd82_s

ボールを投げるとき、なかなか目当ての場所に投げられないという方はこの点に注意しましょう。

ボールを投げるときは、ボールをキャッチする相手をしっかり見なければいけません

 

あさっての方向を見ながらボールを投げると、変な方向に飛んでしまう恐れがあります。

 

体を回転させる

e49f615e1b2ad27ffa11fe40229f4503_s

体を回転させながら投げるということも重要なポイントです。

棒立ちのままボールを投げても、しっかりと飛んでいきません。

 

投げるときに前足を出す

9a7bbd276716438d50ff22336055d828_s

ボールを投げるときは、投げ終わるときに前足が前に出ます。

こういった勢いを付けなければ、ボールはしっかりとは飛んでいきません。

 

腕を大きく上げる

09060902a47bf7ec03c5d2ff0273dbd2_s

ボールを投げるにあたって、腕の振りは重要です。

腕を大きく上げるというのはどういうことかというと、ボールを投げる動きの際に腕が体の一番上に来るような感じです。

 

この動作が上手くできれば、ボールはしっかり飛んでいきます。

 

ボールを取るときはボールをよく見る

448ef7f89ff49783dcbfabac915d9d39_s

キャッチボールはボールを投げることももちろん重要ですが、相手が投げたボールを取ることも重要です。

ボールを取るにあたって重要なことは、飛んでくるボールをしっかりと見るということです。

 

ボールを見ていなければ取ることはできません。

ボールが相手の手を離れて飛んでいく時の軌道をよく見ていれば、多少ずれたとしてもすぐにボールに向かって移動してキャッチすることができます。

 

スポンサードリンク

 

キャッチボールの練習方法

 

ここからは、キャッチボールをどのようにして練習すれば良いのかということについて解説していきたいと思います。

 

ボールを壁に向かって投げる

14c9803b9ba1f1ff924425dfd10c6872_s

壁当てと呼ばれる、一人でもできる練習方法です。

ボールを壁に向かって投げ、跳ね返ってきたボールをキャッチしましょう。

 

これを繰り返すことによって、キャッチボールの際も腕を発揮することができるでしょう。

ボールを目標に定めた場所に投げ、そこから跳ね返ってきたボールをよく見てキャッチするというわけです。

 

野球が上手くなりたい方もキャッチボールだけが上手ければ良いという方も、まずは壁当てを行いましょう。

壁宛ての際はチョークなどのすぐに消せるもので印を付けると良いでしょう。

 

また、壁当てはそれなりに音が大きいので、近所迷惑にならないように気をつけることも大事です。

 

ボールを足下に投げる

a07ecd43ee91e9d5abf22d28c555f3d2_s

ボールを足下に投げるだけの簡単な練習方法です。

ボールが真上に上がるように、投げ方を調整していきましょう。

 

これも一人で行うタイプの練習方法です。

シンプルですが、効果は期待できますよ。

 

上手い人と練習する

6d89c74f41cf4ab1bc6bee5deaa5df38_s

下手な人同士で練習しても、なかなか上達することは難しいものです。

キャッチボールや野球がとにかく上手い人に頼んで、練習させて貰ってみてはいかがでしょうか。

 

もっとも、上手い人と下手な自分が練習するというのはとても緊張するものです。

下手すぎて相手を怒らせてしまうのではないかと心配してしまい、余計にプレッシャーから下手になってしまうということもあるかもしれません。

 

しかし、恐れずに練習させて貰いましょう。

真面目に取り組んでいると相手がわかってくれれば、きっと怒らずに付き合ってくれるのではないでしょうか。

 

ただぼんやり練習するのではなく、相手の投げ方や取り方をよく観察してその技を盗むことも大事です。

これらの練習方法を駆使していけば、今キャッチボールが下手でもきっとじきにうまくなっていきます。

 

キャッチボールが苦手で悩んでいるという方は、ぜひこれからコツをチェックしつつお試しください。

 

Return Top