Read Article

飼ってるハムスターが死んだらどうする?正しい対処法は?

飼ってるハムスターが死んだらどうする?正しい対処法は?

大切に飼っているペットが突然死んでしまうことほど悲しいものはありませんよね。

長生きしてもそうでなくても、生き物の死は重いものです。

 

死を受け入れるのには時間がかかるかもしれませんが、死んでしまったペットをどうするかは早めに考えなければいけません。

 

今回は、飼っているハムスターが死んでしまった時にどうやって対処するのか、詳しく解説していきます。

ハムスターを飼っている方は、いざという時のためによく読んで、覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

飼っているハムスターが死んでしまったら、まずどうする?

 

まずは、飼っているハムスターが死んでしまった時にすることを解説します。

死んでしまったことへのショックが大きいのはわかります。

しかしそんな時こそ、何をするべきかしっかりと考え、一つずつ処理していくのが大事ですね。

 

まずは落ち着く

落ち着く,ショック,冷静

ペットが死んでしまった時にはじめにすることは、落ち着くことでしょう。

落ち着かなければ、何も始まりません。

 

ハムスターが死んでしまったら、悲しいものです。

家族で飼っていた場合などは、特に子供が強いショックを受けるかもしれません。

泣いてしまうのも無理はないでしょう。

 

しかしいつまでも泣いているわけにはいきません。

まずは落ち着くことが大事ですね。

 

焦ることはありませんが、すでにハムスターが死んでしまっているからには、早めに手順を進めていかなければいけません。

冷静さを取り戻しましょう。

 

冥福を祈る

祈る,思い出,感謝

落ち着いて、あるいは落ち着くためにも、続いて死んでしまったハムスターの冥福を祈りましょう。

今までの思い出が脳裏に浮かんできて辛いかもしれませんが、あなたの長い人生の中にハムスターとともに過ごした日々が、大事な思い出として生き続けているのは良いことです。

冥福を祈り、一緒に過ごしてくれたことに感謝しましょう。

 

ペットロスに耐える

 

これからしばらくの間ペットロスに苦しむことになるかもしれません。

これに耐えるべく、何かで埋め合わせをするのも大事になってくるでしょう。

 

とりあえずまずはペットの遺体の処理をしなければいけないので、ロスに浸っている場合ではありません。

一度これについては後回しになりますね。

 

対処するまでは遺体を冷やしておく

 

遺体をどうするか、家族がいるなら家族で相談しますよね。

できれば早めに処理しなければいけませんが、とりあえず遺体の状態が悪くなってしまわないように遺体を冷やしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

飼っているハムスターが死んでしまったら、亡骸をどうする?

死ぬ,亡骸,ゴミ,対処法

続いては、飼っているハムスターが死んでしまった後にその亡骸をどうするかです。

さすがに長い間大切に飼っていたペットをゴミに出すのはちょっと辛過ぎますよね。

 

ペットが死んでしまった時の対処法はたくさんあります。

チェックしていきましょう。

 

庭に埋める

庭,埋める

ハムスターの場合は小さな動物なので、庭に埋めてしまっても良いでしょう。

自宅に庭がないならこの方法は使えませんが、あるなら庭に埋めれば大丈夫です。

 

猫などに掘り起こされてしまうと困るので、できるだけ深めに穴を掘ってそこに埋めましょう。

何か目標を立てておいて、たまに冥福を祈るのも大事ですね。

 

火葬や葬儀をしてもらう

火葬,葬儀,専門店,一緒,自分のお墓

ハムスターも火葬してくれる専門店があります。

犬や猫を火葬する話は聞いたことがあるかもしれませんが、ハムスターも大丈夫です。

 

葬儀まで行ってくれる場合もありますので、必要なら対応したお店に頼みましょう。

大事なペットですので、葬儀を行いたい場合もありますよね。

 

火葬する場合気になるのは、骨が残るのかどうかでしょう。

例えばよほど大事にしていたハムスターの場合、自分が死んだ時に一緒にお墓に入れて欲しい場合もありますよね。

それについても、ハムスターの火葬を専門に取り扱っている店であればしっかりと対応してもらえます。

 

プランターを用意して、埋葬する

プランター,埋葬,お墓

ハムスターが死んでしまったら、プランターに埋葬する人もいます。

プランターに土を入れて、ハムスターを埋葬する方式です。

 

庭がない場合などは、プランターをお墓にするのも良いでしょう。

ちなみに小鳥やリスなどの小動物も、プランター葬がよく行われています。

 

ハムスターが入るプランターを用意し、穴がそこに空いているなら穴を塞ぎ、土を入れてその上にハムスター、さらに土をかぶせて完成です。

プランターに埋葬することで、ハムスターは自然に還ります。

 

ちなみにプランター葬の注意点として、完全に微生物によって分解されるまでに結構な年月がかかることが挙げられます。

最低でも10年はそのままにしておかなければいけませんし、跡形もなくなるまでには20+30年かかるとも言われています。

 

ペット霊園に埋める

ペット霊園,埋葬,会える

プランター葬は手軽ですが、埋葬後に引越しする際などはちょっと大変ですよね。

ペット霊園に埋葬してもらう選択肢も検討してみてはどうでしょうか。

 

ペット農園なら、そこにいけばいつでもハムスターに会えます。

プランター葬のように時間もかからず、オススメですよ。

Return Top