Read Article

人徳がある「人徳者」と人徳がない人の7つの違い!

人徳がある「人徳者」と人徳がない人の7つの違い!

人徳がある人、つまり人徳者とは、徳を持っている人のことを指します。

世の中には人徳者もいれば、人徳がない人もいますよね。

 

この記事では、人徳者と人徳がない人の違いを解説します。

人徳について知りたい人は、ご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

人徳とは、要するに素晴らしい人のこと

素晴らしい,冷静,頭が良い,思いやり

人徳者、つまり徳がある人の持つ「徳」とはそもそも何かわからない人も多いでしょう。

まずはざっくりと徳について説明し、その後で人徳者とそうでない人の違いを述べていきます。

 

徳とは、冷静で頭が良くて、他者を思いやれるタイプのことです。

他者に対する威圧感などがなく、誰でもその人とは打ち解けられるのが徳を持つ人ですね。

 

もっとカンタンに言えば、誰から見ても素晴らしい人が人徳がある人、すなわち人徳者なのです。

次項では、人徳者と人徳がない人の違いを細かくチェックしていきます。

 

人徳者とそうでない人の違い

 

さて、人徳者とそうでない人の違いをチェックしていきましょう。

 

人徳者はどちらかというと他人中心、人徳がない人は自己中心的

他人中心,自己中心的,利益,幸福

人徳者は、他人中心で行動することができます。

自分の利益ばかり考えずに、他人が幸福になれることを何よりも大事にしているのです。

 

一方、人徳がない人は自己中心的で、自分さえ良ければOKな人が多いですね。

ただし人徳者は、自分を犠牲にして相手に完全に尽くすというわけでもありません。

自分の欲望もしっかり満たしつつ、それはそれとして他人のことも考えられる余裕を持っているのが人徳者なのです。

 

人徳者は他人を頭ごなしに叱らない

頭ごなし,叱る,怒る,理由を明確に

人徳者は、他人を頭ごなしに叱りません。

ただし怒らないわけではありませんね。

 

人徳者は、怒るときに必ず理由を明確にします。

訳もわからずに怒られても相手には何の効果もないとわかっているためです。

 

人徳者は怒るときに理由を説明しますし、相手の言い分も聞きます。

もしかしたら自分の考え方が間違っているかもしれないので、まずは相手の話を聞くのです。

怒られても悪い気はせず、叱られて本当に反省できるのが人徳者です。

 

人徳者は都合の良い人ではない

便利屋,都合の良い人,断れる,パシリ,指示

人徳者は一見便利屋に見えますが、都合の良い人なわけではありません。

嫌なことは嫌だとはっきり断れるのが人徳者で、周りから頼りにはされるもののパシリのようには扱われません。

 

なんでも引き受けてくれる人でも、ただ代理で仕事をするだけなら周りから一目置かれることがありません。

ただの便利屋で、人徳者にはカウントされないでしょう。

自分の意志を持っていて、ただ面倒ごとを引き受けるのでなく、道を提示するなど相手の成長も諭せるのが人徳者です。

 

スポンサードリンク

 

人徳者は人前であまり暗い顔をしない

 

人徳者は人前で不平を言ったり、暗い顔をしたりしません。

人前では笑顔でいるものです。

 

どんなに立派な人でも、いつも暗い顔をしていたら周りの人が良い印象を受けませんよね。

人徳者であるためには、24時間気を抜かずに、みんなに明るく接することが大事となるでしょう。

 

人徳者は物知りで、新しい知識を付けることを喜ぶ

物知り,教えてくれる,知識

人徳者は物知りです。

わからないことがあったらすぐに教えてくれますし、自分が知らないことについてもそれをどうやって調べればわかるか知っています。

 

そして新しい知識を得ることにも貪欲です。

人徳者はいつも本を読むなどして、自分の知らないことを知ろうと試みています。

 

調べ物に対する効率も良く、普通の人より短い時間で1から10まで知ることができますね。

人徳のない人だと知識が偏っていたり、そもそも知識なんてものを持ち合わせてさえいなかったりします。

人徳者になるには、幅広い分野に対して理解していくことが大事ですね。

 

人徳者は間違っていたことに対して素直に謝れる

 

人徳者の優れているポイントに挙げられるのが、間違っていたことに対して謝れることです。

自分の間違いを認められない人も、世の中にはたくさんいますよね。

 

しかし人徳者は、間違いがあったらすぐにそれを認めて謝り、訂正できます。

100%間違っているのに引き下がらないのはみっともないことです。

 

すぐに間違っていたことを認められれば余計にイメージを下げることはありません。

人徳者でない人はあれこれ言い訳を述べてしまったり、自分が正しいと理屈をこね回したりして見苦しいです。

 

人徳者は自分の知識を鼻にかけない

鼻にかける,知識を披露,偉い,自慢

人徳者が人徳があるといわれる理由に、自分の知識を鼻にかけてひけらかさないことが挙げられます。

人徳者は誰かが必要とするときにのみ自分の知識を披露します。

 

知識があるから偉いと思い込んでもいません。

頭が良く物知りであると自分を認めておらず、まだまだ高みに登りたいと思っているからこそ、知識をひけらかして自慢しないのです。

 

人徳がない人は自分の今の知識量で満足してしまっているために、知識をひけらかします。

しかし途中で立ち止まっているため、その知識は正確ではない場合が多いです。

Return Top