Read Article

映画のエンドロールの作り方!項目・内容の順番はどうなってる?

映画のエンドロールの作り方!項目・内容の順番はどうなってる?

映画が終わると、多くの場合流れるのがエンドロールですよね。

映画を作るときは、エンドロールも作るのが一般的です。

 

この記事ではエンドロールについて細かく解説します。

エンドロールとはそもそも何のためにあるのか、何を記載すればいいのかなど、エンドロールについて詳しく知りたい方はご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

エンドロールはスタッフや使用した音楽など、映画に関わる情報を紹介するためにある

映画,スタッフ,関わる,情報

エンドロールとは、作品を作るために関わった人の名前や使われた音楽等を載せるものです。

エンドロールには役職と名前が記載されているので、この作品の各担当部分の責任者が誰かもわかります。

 

誰が何をしたか知りたい場合は、エンドロールを見れば良いのです。

映画などを見てみると、後に監督としてデビューしている人がそれよりも前の作品に助監督などで関わっていることがあり、色々な発見があって面白いですよ。

 

エンドロールの呼び名の違い

エンドクレジット,クレジットタイトル,スタッフ一覧,スタッフロール,オープニングクレジット

エンドロールには、エンドクレジットやクレジットタイトルなど色々な呼び名がありますね。

エンドロールは、カンタンに言えば映画が終わったときに流れるスタッフ一覧です。

終わりに流れるから「エンド」ロールなわけですね。

 

エンドクレジットも同様です。

エンドロールがなぜ「ロール」かというと、クレジットが下から上に上がっていくからです。

 

この表示形式でない場合は、エンドロールと呼ばれない場合もあります。

「スタッフロール」も、上に上がっていくものが呼ばれますね。

 

一方で、特に昔の映画にはよくありますが、映画が始まったときにスタッフを全て表示してしまって映画が終わる時には「終」や「完」の文字しか出さない場合もありますね。

 

オープニングで流れるクレジットは、オープニングクレジットと呼ぶことが多いです。

オープニングでもエンディングでもクレジットを出す場合もよくありますね。

 

メインの役者や監督などはオープニングクレジットで表示し、エンディングではその他のクレジットを流す場合がほとんどです。

クレジットタイトルはスタッフの名前を表示する一連の映像の総称ですね。

 

エンドロールの項目にはどんなものがある?

 

エンドロールの項目について解説します。

 

監督

作品,映画,監督

作品を監督した人が監督として表示されます。

映画などでは、主にクレジットの最後に監督名が表示されますね。

 

監督名が真ん中に来て止まるものもあれば、そのまま流れるものもあります。

真ん中で止まるとちょっとアピール過剰に思ってしまう人もいますね。

 

原作、原案など

 

原作がある場合は、これらの表示をします。

原案はその作品をもとに作ったというもので、内容がけっこう変わってしまっている場合などに使われますね。

『ゲド戦記』の原作は小説のゲド戦記ですが、原案はシュナの旅というまったく関係のない作品でした。

 

スポンサードリンク

 

製作

製作会社,個人,プロデューサー

製作は作った会社名などを表示することが多いですが、たまに個人名で表記されていることもありますよね。

この場合はプロデューサーの役割をした人が主に記載されます。

 

編集

作品,映像,つなげる,加工

編集は、作品を編集した人です。

映画などは撮影しただけでは作品になりませんよね。

 

編集して映像をつなげなければいけません。

映像をつなげたり、映像を加工したりする人が主に編集として表示されます。

 

音響監督

 

これはアニメに多い役職で、アフレコなど音に関わる仕事を監督した人が音響監督です。

声優のキャスティングや場面で流すBGMの選択などをします。

 

エンドロールの順番を解説!

最後に、エンドロールの順番を解説します。

と言っても、映画のエンドロールの順番はそれほどしっかりと決まっているわけではありません。

 

概ね表示する役職が決まっているだけで、けっこうバラバラです。

ここでは大体このような流れであるという前提で大まかに順番を解説します。

 

まず始めに流れがちなのは、出演者ですね。

映画に出演した人を主演から端役、まで流し、最後に特別出演や友情出演、大御所の名前を配置するのが一般的です。

 

続いて撮影や編集などの細かいスタッフを表示します。

その後に使用した音楽などを表示したり、色々な映画に協力してくれた人・会社などを流していきます。

 

終わりの方になってくると製作会社や出資した会社、撮影機材などに関する会社の名前などがロゴ付きで表示されていきますね。

その後はプロデューサーの名前など映画の中心にいた人物の名前の後、最後に監督の名前が大きく表示されます。

 

ここで止まるかそのまま流れていって消えるかは、作品によって異なります。

大体このような流れとなるでしょう。

 

エンドロールの場合特にそれっぽくするために重要なのは、監督の名前が最後に出ることですね。

他はけっこうまばらでも問題ありません。

 

またオープニングクレジットがある作品の場合はそちらにも多くのスタッフを表記しているので、オープニングクレジットに載せたスタッフはエンドロールに載せない場合があります。

Return Top