Read Article

「なにか面白いことないかな」という人必見!面白いことの7つの探し方!

「なにか面白いことないかな」という人必見!面白いことの7つの探し方!

毎日退屈していると、なにか面白いことがないかと思ってしまいますよね。

この記事では、なにかおもしろいことがないか探している人のために、面白いことそのものではなく探し方を解説します。

 

面白いことそのものを知るのは手軽でいいですが、その場で終わってしまいますよね。

探し方を知っていれば、どんどん新しい面白いことを見つけていくことができますよ

 

スポンサードリンク

 

ネットで旅行先や面白い趣味などを調べてみる

インターネットを見れば、色々な情報を調べることができますよね。

今はスマホやタブレットの普及もあって、パソコンに向かわなくても気軽にネットを見られます。

 

さて、ネットで旅行先や趣味に関すること、最近の流行を調べてみてはどうでしょうか。

ネットは情報の移り変わりがとても早いため、色々な分野の最新情報をチェックすることができるのがメリットです

 

自分では絶対に気づかないような面白いことが、情報サイトなどで見つけられることもありますよね。

自分一人でネットサーフィンはできるので、いつでもどこでもすぐに面白いことを見つけられるのも嬉しいポイントでしょう

 

図書館に行って、気になるジャンルの本やむしろ知らない分野の本を読んでみる

不変的な面白いことや、昔の面白いことを見つけるのに便利なのが図書館です

図書館に行けば、気になるジャンルの本を探してみたり、沢山の本の中から興味を持った本を読んでみたりすることができますよ。

 

本は一冊しっかりと読む必要はありません。

面白ければもちろん全部読むことをおすすめしますが、テキトーにいろいろな本をどんどん流し読みしていったほうが面白いことをたくさん見つけられる確率が上がります

 

街に出かけて、色々な店を探してみる

いつも行っているとしても、たまにはなんの目的もなく街に出かけてみてはどうでしょうか

いろいろな店が、街にはあります。

普段気が付かなかった面白い店を見つけることができるかもしれませんよ

 

他には、街に出てまだやったことがない色々な街でできることにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

あるいはわざわざ遠くに出かけなくても、自宅の周りを散歩していれば色々な発見をすることができる場合がありますよ。

休日などにトライしてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

テレビを見て、おすすめスポットなどをチェックする

テレビでは毎日色々な番組が放送されていますよね。

朝やお昼にテレビを付ければワイドショーなどが放送されています。

 

そこでおすすめスポットや美味しい食べ物、楽しいレジャー施設などがよく特集されていますよね。

それらをチェックしてみるのはどうでしょうか

 

他にはNHKなどで教養番組を見て、新しい面白そうなことを始める切っ掛けにしてみるのも良いでしょう。

 

友達に最近ハマっているものを聞く

自分で探すのに限界を感じたら、他の人に面白いことがないか聞いてみるのもいいですよね

もっともいきなり「何か面白いことない?」と聞いても、相手は答えられないでしょう。

そのためもう少し具体的に聞いてみるのがおすすめです。

 

例えば最近よくしていることを聞いてみて、それが面白そうなら自分も始めてみてはどうでしょうか

まったく興味がわかないと始めづらいかもしれませんが、わずかにでも面白そうだと思ったら、とりあえずチャレンジしてみることをおすすめします。

新しい発見があるかもしれませんよ。

 

乗り放題系の切符を買って、気ままに出かけてみる

面白いことを探すには、自分からどんどん行動をしなければいけません。

そこで乗り放題系の切符を買って、出かけてみてはどうでしょうか

 

今までによく見てきた環境から面白いことを探すのはもう限界である場合、思いのままに旅をしてみましょう。

ものすごい遠くにいくのも良いですし、近場だけど行ったことがない、例えば隣の県の何処かでも良いですね。

 

知らない土地をうろうろしていると、きっと何か1つは面白いことが見つけられます

休みの日に挑戦してみましょう。

 

今までの人生から面白かったことを振り返ってみる

出かけるのも億劫、新しく面白いものを調べるのも面倒くさい。

そんなときに面白いことを見つける方法は、自分の中に入り込むことです。

 

自分の人生を振り返りながら、人生の何処かで経験した面白かったことをどんどん振り返ってみましょう

今も続けていることがあるかもしれませんし、長い間触れていないものもありますよね。

 

例えばもう10年以上も前に熱中したゲームを押し入れから引っ張り出したり中古で買い直したりして、当時のことを思い出しながらプレイしてみたとします。

もしかしたら今遊んでみても全然面白くないかもしれませんし、反対に今やっても面白いかもしれません。

 

こんな感じで、記憶の中の面白かったことに再挑戦し、答え合わせをしてみてはどうでしょうか

もしかしたら後悔するかもしれませんが、この作業自体も面白いですし、面白かったことを思い出したら、またその行動をして楽しめますよね。

Return Top