Read Article

食べてしまったけど大丈夫?メロンが苦いと感じる原因を解説!

食べてしまったけど大丈夫?メロンが苦いと感じる原因を解説!

メロンと言えば、甘くて美味しい果物ですよね。

果物とも野菜とも言われるメロンですが、とにかく甘くて美味しいので、子供から大人にまで人気があります。

 

そんなメロンですが、食べてみたら苦くてびっくり!という経験がありませんか?

実はメロンには、苦い味がする場合があります。

 

苦いメロンは腐ったりしていないか、心配ですよね。

この記事では、なぜメロンは苦いことがあるのか、そして苦いメロンは食べて大丈夫なのかなど、メロンについての詳しい情報を解説します

 

スポンサードリンク

 

農薬では、メロンは苦くならない

メロンが苦いのは、農薬が原因なのでは?と思った方もいるのでは?しかし、それはありません。

野菜や果物が変だと、我々はついつい農薬を疑ってしまうものですよね。

 

ですが、メロンについては農薬で苦くなることはありませんのでご安心ください

 

メロンは熟れていないと甘くない

メロンは熟れていない状態で食べると、甘くありません。

なぜ甘くなくむしろ苦いのかというと、メロンを含むウリ科の植物に含まれるククルビタシンという成分が作用するためです

 

ククルビタシンは人間にとって無害という説もありますが、場合によっては食中毒を起こすことがあるとも言われています。

これは人によってかなり言い分が異なるので微妙なところなのですが、美味しくないうえに食中毒になる可能性もゼロとは言い難いと考えると、まだ熟れていないメロンは食べないようにするのが懸命ですね

 

熟していないメロンは、買ったりもらったりしないほうが良いでしょう。

 

メロンは、熟れすぎると苦くなる

どんな食べ物にも、食べ時がありますよね。一番ベストな状態をすぎると、メロンは苦くなってきます

メロンは一度収穫した後に、再度追熟という熟した状態にするための処理を行う手順が必要です。

 

収穫してからもしばらく放置しておくことで、しっかりと熟した甘いメロンが出来上がります

しかし追熟に時間をかけすぎると、ベストな状態を過ぎてしまい結果的に苦いメロンが出来上がってしまいます。

 

ちなみにこれは、ククルビタシンとはまた別の成分による苦味です。

ククルビタシンは熟れる前にある成分ですが、熟れすぎるとできるのはタンパク質分解酵素です

 

まとめると、食べごろではないメロンは食べないほうが良いですね。

 

スポンサードリンク

 

バラ色カビ病にかかったメロンは、苦くなる

実はもう一つ、メロンが苦くなってしまう原因があります。それは病気にかかることです。

バラ色カビ病にかかったメロンは、その病気になっている部分だけ苦くなります。かなりの苦さです。

 

ちなみに苦くなる原因は、なんとこれもククルビタシンです。

バラ色カビ病の進行を抑えるためにメロンがククルビタシンを出していくので、苦くなります。

 

ちなみにバラ色カビ病のメロンは、病気になっている部分以外なら一応普通に食べられます

しかしもし売っていたメロンがバラ色カビ病だったら、お店には問い合わせたほうが良さそうですね。

 

ヘタ付近は、ククルビタシンがあるため苦い

ウリ科の植物のヘタ付近には、ククルビタシンがあります。

メロンを残さずしっかり食べようとした結果、ククルビタシンがあるヘタ付近まで食べてしまい、結果として苦味を感じることもあるでしょう

 

ククルビタシンの中には、体に良いものもある

これまでの流れをひっくり返す説ですが、ゴーヤなどに含まれているククルビタシンにはむしろ体に良い効果があるとされています

メロンに含まれるククルビタシンはククルビタシンEです。

 

これにも実は良い効果があり、抗がん作用や脳細胞保護など色々と便利とのことです。

しかし食中毒を起こすこともあるのがククルビタシンと考えると、結局食べるべきなのか食べないほうが良いのかわからず困ってしまいますよね

 

今回の見解としては、食中毒の可能性があると考えるとやはり無理に苦いメロンは食べないほうが良いでしょう。

たしかに抗がん作用など便利な効果もあるかもしれません。

 

しかしそのために食べて食中毒になったら意味がありませんよね。

とりあえず、メロンが苦かったらその部分は食べないほうが良いでしょう

 

苦いメロンは場合によっては返品できる

メロンは放置しているうちに状態が悪化した結果苦くなってしまうこともあるわけで、もし食べてみて苦かったとしても、必ずしもお店側が悪いとは言えません。

そのため場合によりけりですが、返品できることもないわけではありません

 

もしも苦いメロンに当たってしまったら、念のため問い合わせてみるのもよいでしょう。

 

メロンの苦くない部分の食べ方

 

最後に、メロンの苦くない部分をどう食べるべきか、いくつか例を紹介します。

 

シャーベットにする

メロンの果実部分を冷凍し、砂糖や牛乳と一緒に混ぜたらまた冷凍しましょう。

こうすることでシャーベットが出来上がりますよ。

 

ヨーグルトなどに混ぜて食べる

普通にそのまま食べられますので、ヨーグルトなどに細かく切ったメロンを入れて食べるのも良いでしょう。

Return Top