Read Article

人を傷つけた4つの瞬間!後悔や罪悪感をどうすればいい?

人を傷つけた4つの瞬間!後悔や罪悪感をどうすればいい?

人を傷つけるような発言をうっかりしてしまうことは、誰にでも一度はあるでしょう

そんな時どうすればいいか、あたふたしてしまいますよね。

 

この記事では、人を傷つけた時にどうすればいいかを解説します。

もしも今困っているなら、今回紹介する対処法を使ってみましょう

 

スポンサードリンク

 

どんな時に、人を傷つけてしまう?

 

まずは、人を傷つけてしまった瞬間についての解説です。

こんな時に、だれかを傷つけてしまったと感じてしまいますよね。

 

相手のミスを指摘する時に一言余計なことまで言ってしまう

職場や学校などどこでもですが、相手が何か失敗した時に、その問題についてだけでなく、日頃の行動などについても今までの恨みを片っ端からぶつけていった結果、言いすぎてしまって相手が絶望の淵に立たされてしまう…ということがあるでしょう。

本来ならば起こった問題に対してのみ怒るべきなのに、過剰に怒りすぎてしまって結局相手は傷ついてだめになってしまった…となると、申し訳なくなりますよね

 

言い過ぎないように、相手を叱るときには注意していきたいものです。

 

気を遣った結果、それがかえって相手にとってのダメージになってしまった

こちらとしては気を遣ってした行動や発言が相手にとっては余計なお世話を超えて傷ついてしまうものであったために、結局大きなダメージとして相手が受けとり、関係にヒビが入ってしまうこともありますよね。

自分としては良かれと思ってしたことがむしろ仇になってしまうことはあるものです

 

相手の挨拶を何らかの原因でスルーしてしまった

些細な事ですが、些細な事こそむしろ自分にとっても相手にとっても大きかったりするものです

例えば朝部下や後輩が挨拶してきた時に、理由があったとしてもなかったとしてもどちらでもいいのですが、スルーしてそのまま行ってしまったという経験がありませんか?

 

スルーされた側としては快く挨拶をしたのにスルーされてとても悲しいですし、スルーしてしまった側としてもあれは良くなかったのではないかと大きな後悔をしてしまうものですよね。

 

本人のいないところで悪口を言ってしまった

本人の前で悪口をいうのも大概良くないですが、本人がいないところでいかにその人がダメかという悪口を言ってしまうのはもっとよくありません。

悪口はだれの得にもなりませんが、陰口は言われると特に深く傷つくものですよね

相手に対して不満があったら、直接言った方がよほどマシです。

 

スポンサードリンク

 

もしもだれかを傷つけてしまったら、どうやって対処する?

 

ここからは、だれかを傷つけてしまったと感じた場合に今後どうしていけばいいかを解説していきます。

失敗した!と思ったら、ご覧ください。

きっと、これからどうすればいいのかがわかります。

 

すぐに相手に謝る

一番シンプルかつ正しい行動は、相手にしっかりと謝ることです

誠意を持って謝られたら、多少相手に腹が立っていたとしても許せるものですよ。

 

反対に、相手に謝らなければいつまでもわだかまりが残ったままです。

いずれ鬱憤はどんどん溜まっていき、やがて大きな問題に発展していってしまう可能性がありますので、できる限り早めに謝ったほうが身のためですよ

 

反対に相手のいいところも挙げてバランスをとる

もしも相手に対して言いすぎてしまったと感じた場合は、即座に相手の普段の良い面についても触れていってバランスを取りましょう

褒められれば、人間は基本的に嬉しいものです。

 

結果として傷つきかけた相手も褒められたことで中和され、深く落ち込まずにすみます。

謝るのが苦手で、なおかつその場で言いすぎてしまったことに気づいたら、この方法を取ってみてはどうでしょうか。

 

お詫びとしてなにかおごる

ただ謝っただけでは解決しなさそうな場合は、何か食べ物をおごってみてはどうでしょうか。

とくに部下や後輩に対しておすすめの方法です。

 

食べ物を食べながらさっきは言いすぎたと謝れば、大抵のことは許してくれるものですよ

 

むしろ居直る

自分の発言は明らかに正しい!と心から思っている場合は、むしろ居直るという方法もあります

しかし、本当に居直ってしまって大丈夫かはよく考えて判断したほうが良いでしょう。

 

その場では自分が正しいと思っていても、あとで落ち着いて考えたらやっぱりやりすぎだったという反省に至るケースはよくあります。

居直るなら、本当に居直って大丈夫かしっかりと確認しましょう

 

今後は人を傷つけないように深く反省する

謝罪して丸く収まることもあれば、収まらず失敗に終わってしまうこともあるでしょう。

そこでよく反省し、今後は同じような失敗を繰り返さないと深く心に誓うことが大切です

 

反省をしなければ、同じことをまたしてだれかを傷つけてしまうかもしれませんよね。

普段から自分の行動を省みるようにしていれば、不用意な発言は控えられます

Return Top