Read Article

人生における失敗を親のせいにしない方が良い7つの理由!

人生における失敗を親のせいにしない方が良い7つの理由!

人生において色々と、親に指図されたことが原因で失敗してしまうことがあるでしょう。

そもそも生まれてきたのさえ親の都合ですので、何かと親を恨んでしまいがちですよね。

 

しかし、人生における失敗を親のせいにしてはいけません

この記事では、人生における失敗を親のせいにしない方が良い7つの理由を解説します。

 

スポンサードリンク

 

なんでも人のせいにしてはいけない

人生において失敗をすると、ついつい誰かのせいにしてしまいがちですよね。

しかし、なんでも人のせいにしていると、責任を持って行動することができない人になってしまいます

 

責任転嫁ばかりしていると周りにもいずれ難儀な人として扱われてしまいますし、責任を転嫁されたはわざわざ一生懸命育てた子供がこうなってしまったことにガッカリしたり、自分が育て方を間違えた、自分のせいで子供がひどい目に遭っているとしてつらい思いをしてしまったりします。

親のせいで失敗をすることはあるかもしれません。

しかし親に責任を押しつけてはいけませんよ

 

進むべき道がわからないときに決めてくれていたことに感謝するべき

親がいろいろなことを決めてそれを実行した結果失敗するのは、要するに自分に物事を決定する思考力が備わっていない、あるいは決めることを親に押しつけているからです

親のせいで失敗したと怒るよりも、むしろ親に決めさせて手を煩わせてしまったことを謝罪したり、どうすればいいのかわからないときにアドバイスをしてくれた親に感謝したりするのが道理というもの。

 

最終的に失敗してしまった結果だけを見ればたしかに失敗かもしれませんが、失敗に至るまでの筋道を精巧に向かって立ててくれていた親には感謝しましょう。

 

人生はあくまで自分の人生、最後に行動に移すのは自分

人生はあくまで自分の人生です。

親にあれこれ決められたとしても、最終的に行動に移すのは基本的に自分ですよね

 

親が勝手に決めたことでも、どうしても嫌なら逃げ出すことができるでしょう。

そのため最終的に行動に移したのであれば、失敗したとしてもそれはもう自己責任です

 

始めのうちはこれが自己責任になることがとても苦痛に思えるでしょう。

しかし苦痛なら、将来的に自分で行動を決められるようになればいいのです

 

自分で行動を決めて実行に移せるようになれば、今後は親に頼らずに生きていけます。

結果的に、親に責任を押しつけることもなくなるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

すべて自己責任として頑張れば、今後どんな理不尽な目に遭っても挫けず頑張れる

親のせいにせず、すべて自己責任であるとして頑張っていけば、今後はどんなに理不尽な目に遭ってしまっても、挫けずに頑張ることができますよ

世の中では、自分以外のせいで自分に不都合が生じてしまうことがたくさんあります。

そしてそれらは誰かのせいにして責任を逃れられるわけではありません。

 

今は親のせいにできるかもしれませんが、いつかは親のせいにもできなくなるわけです

そのため、今のうちからどんなことも自分の責任として受け入れて頑張れるようになっておくことが大事なのです。

 

親のおかげで学校に行ったり生活したりできていた

親だって人間ですので、選択を見誤ることがあります

そして親の決定までは良くても、その後のあなたの行動の仕方で失敗に陥ってしまうことだってあるでしょう。

 

そもそも親のおかげで自分は生まれ育ち、学校に行くこともでき、その後の色々な場面でも助けられてきたわけですよね。

そのため失敗があったとしても、それ以上に恩恵を受けているのです。

 

失敗があったとしても、そのくらいは親のせいにせず、仕方ないものとして受け入れられるようになりましょう

 

自分もいつか同じ立場になるので、親の至らなかったと思われる面は反面教師として生かせる

あなたもいつかは親になるでしょう。

そのとき、子供のために良かれと思って色々なことを決めて、結果的に失敗してしまうことが必ずあります

 

そのため今の自分が酷い目に遭っても、今後自分も同じことをしてしまうと考えれば許せるのではないでしょうか。

あるいは、自分の親を反面教師として自分の子供は正しく育てよう、自分に物事を決めさせようとするのも良いですね

 

失敗もあれば成功もあることを思いだそう

人生において失敗もあれば、成功もあるものです。

親の決定に従って失敗したこともあれば、成功したこともあるのではないでしょうか。

 

失敗に苦しんでいるときは、成功した今までのことを思い出してみましょう

おそらく、けっこう結果的に良かったこともあるものです。

 

成功したこともあるとわかれば、たまの失敗は仕方ないとして受け入れられますよね。

そしてこれからは、できるだけ自分で重要な局面でどうするべきか決めていくことをおすすめします

Return Top