Read Article

一目惚れした相手が忘れられない?どうして?どうすれば良い?

一目惚れした相手が忘れられない?どうして?どうすれば良い?

世の中には、一目惚れという概念がありますよね

今まさに誰かに一目惚れしてしまっている人もいるのではないでしょうか。

 

忘れられないのはなぜでしょうか。

そしてこんな状況になったらどうするべきでしょうか。

 

今回は、一目惚れした時の色々な疑問を解消していきます

できれば相手と知り合って、仲良くなりたいですよね。

一目惚れをして困ったら、この記事に書かれていたことを思い出してみてください。

 

スポンサードリンク

 

世の中には一目惚れというものが普通にある

世の中には、一目惚れがあります。

あんなのテレビや漫画だけの話だろうと思っていた人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんよ

 

たまたま歩いていたり、なんらかの不特定多数が集まるイベントに足を運んだりした際に見かけた人のことがやけに記憶に残り、やがてそれが恋だったと分かる場合があるでしょう。

長い時間付き合っていてやがて相手のことを好きになる場合もあれば、一目見ただけで一気に引き込まれてしまう場合もあるのが、恋です

なかなかに奥深いものですね。

 

よほど外見や行なっている行動が自分にとってストライクだと一目惚れする

一目惚れする条件とはどんなものでしょうか。

長い時間一緒にいることで芽生える愛に比べると、一目惚れはもっと直感でビビッとくるものですね

 

まず考えられるのは、顔でしょう。

顔が自分にとって魅力的だと、一目惚れすることが考えられますね。

 

人を好きになるもっともシンプルな理由である顔

そのため一目惚れする理由としてももっともポピュラーですね。

 

2番目に考えられるのが、仕草でしょう。

たまたま見かけた人の何気ない仕草が自分にとってどストライクだったため、「この人は自分にとって重要だ!」と感じるわけです。

 

3番目に考えられるのは、服装ですね。

自分を着飾り、その個性を端的に表すのが服装です。

 

オシャレが自分にとって非常に魅力的だと、内面も含めてその人に憧れを抱くわけですね

服だけでなくカバンにつけているものや持ち物なども含まれます。

 

こういった、見れば分かる部分から人は一目惚れするのです。

自分も今まさに一目惚れしているなら、振り返ってみてください

気になった部分は、これら3つのどれかではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

一目惚れした時はどうする?

 

さてここからは、一目惚れした時にどうするべきかについて解説していきましょう。

一目惚れの難しいところは、お互いにまだ知り合ってもいないところです

そのため距離感が難しいんですよね。

 

まず相手の情報を可能な限り調べる(犯罪にならない程度に)

相手について、名前さえも知らない場合があるでしょう

まずはできる限り、その相手について調べてみることが重要となります。

 

しかし難しいのは、行き過ぎると通報案件になることです。

相手に警戒されてしまったらおしまいなので、気をつけなければいけません

 

イベントに参加していたなどある程度条件があるなら、知り合いのつてなどを辿れば名前などが分かる可能性があります。

 

また遭遇できないか同じ場所を訪れてみる

例えば登校中にバス停で見かけた人が気になっている場合。

これなら、また同じ場所に行けば会える可能性が大いにありますね。

 

もしかしたら同じバス停をいつも使っているかもしれません

しかし同じ時間に現れないなら、普段は一本早いバスに乗っているかも。あるいは遅いかもしれませんね。

 

このように試行錯誤を繰り返していくことで、また遭遇できる可能性があります

 

見つけ次第話しかける

いつまでも相手の様子を伺っていると確実に通報案件です。

そのため、もしも相手と仲良くなりたいならすぐに知り合いにならなければいけないでしょう。

もしも相手にまた会えたら。いっそのことさっさと告白してしまった方が良いですね

たいていの場合相手についてほとんど情報を持っていないわけで、一気に距離を詰めた方がおそらく楽ですよ。

 

緊張するかもしれませんが、これが最善策です。

もしいきなり付き合うのは無理でも、友人くらいにはなれるのではないでしょうか

 

既に相手に恋人などがいる可能性があるのでそうだったとしても落ち込まない

一目惚れした、全然知らない相手。その人にすでに恋人がいる可能性も、ゼロじゃないですよね。

もしも告白して既に恋人がいるという事実が明らかになっても、落ち込みすぎないようにしましょう

 

人生に恋愛の機会は、何度かあるものです。

最悪の事態まで考慮したうえで告白した方が良いでしょう

 

どうしても遭遇できない場合はとりあえず忘れるよう努める

結局会えたのは一回だけで、その後二度と見かける機会がないパターンもありますよね

その場合はもう仕方がありません。とりあえず忘れましょう。

 

忘れたころに遭遇できるかもしれませんし、ダメだったら「あれは良かった…」などと思い出にしてしまえば良いのです

Return Top