Read Article

何もかも怖いと感じる5つの原因と4つの対処法!

何もかも怖いと感じる5つの原因と4つの対処法!

人生において時折、何もかもが怖いと感じて何もできなくなってしまうことがありますよね

この記事では、その原因と対処法を解説します。

今まさに何もかも怖くて苦しんでいる方はご覧ください。きっと解決できますよ。

 

スポンサードリンク

 

なぜ、何もかもが怖くなってしまう?

 

まずは何もかもが怖くなってしまう原因から解説していきましょう。

原因がわかれば、結果についても理解できるようにきっとなりますよ。

 

人生において大きな失敗をしたから

何もかも怖くなってしまった時にありがちなのが、直前に大きな失敗をしてしまっていることですね

人間は一度失敗すると同じミスを繰り返すのが怖くなります。

 

失敗が大きければ大きくなるほどに、怖さも増幅されます。

そのため、もうあんな辛い思いをするなら何もしないほうがマシだと感じてしまうのです。これはなかなか大変ですね。

 

失敗をするのが怖いから

何か失敗をしたわけではないけれど、失敗をした場合にあまりにもリスクが大きいと失敗するのが怖くなってしまいますね

例えば自分がもし段取りを間違えたら多くの人に損失が出て、最終的に会社をクビになるかもしれないほどの大きな行動は非常に恐ろしいものです。

立ち向かう勇気が出ず、怖くなってしまっても当然でしょう。

 

努力が報われないから

人生で人々はいつも努力していくわけですが、努力は必ずしも報われるわけではありませんよね。

これだけ今まで努力しているのに全然報われないとなると、どうせリターンがないしただただ消耗して最終的には死んでしまうのではないか…と怖くなってしまうでしょう

 

そうなるともう、何もしたくなくなりますよね。

 

自分の周りの誰かが問題を起こして大変なことになったのを見た

自分自身は特に失敗をしていないものの、周りの人が大きな失敗をして大顰蹙を買っている様子を見ると、自分もああなってしまうのではないかと怖くなってしまいますよね

人のふり見て我がふり直せとは言いますが、あまりに見すぎても何もかも怖くなってしまいます。

 

大切な人に拒絶された

良かれと思ってやったことが真逆に取られてしまうと辛いものですが、よりによって自分の大切な人に拒絶されてしまうともう最悪ですよね

絶交や破局につながってしまうと、誰を信じていいかもわかりませんし、自分自身のダメさにも絶望してしまいます。

 

スポンサードリンク

 

何もかもが怖くなってしまった時の対処法!

 

さてここからは、何もかも怖くてもうどうしようもなくなってしまった時の対処法について詳しく解説します。

怖くなって立ちすくんでしまった時には、これらの対処法を思い出して頑張りましょう。

 

深呼吸をして落ち着いてから行動する

何もかも怖くて頭の中がぐるぐると回転している状況では、まず落ち着かなければいけません

目をつぶって、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。

 

そうすることにより、少し気持ちが落ち着きます。

気持ちさえ落ち着けばこれから何をしていくべきか、色々な考えも浮かんできますよ

 

何もかも怖い!と思ってしまうのは、基本的に一時的なものです。

平静を取り戻せさえすれば、きっと怖さが薄れていきますよ。

 

失敗のことを考えない

失敗のことばかり考えていると、失敗した時の怖さにばかり気を取られて何もできなくなってしまうものです

失敗ばかり考えずに、まずは落ち着きましょう。

成功した時の喜びだって失敗した時の辛さと同じくらいあるわけですし、失敗のことしか考えないのは無駄です。

 

とにかく後先を考えずに考えを実行に移すことだって時には必要ですよ

何もかもが怖い時にこそ、怖さを振り払うために行動を始めるべきでしょう。

 

手順を頭で考えてから実行に移す

手順を頭でじっくりと考えて、これでもう心配することはないと思えたタイミングで行動を実行に移してみてはどうでしょうか

時間がかかることもあるでしょう。

しかし頭でしっかりと考えられれば失敗して絶望する可能性を避けられるので、きっと大丈夫ですよ。

 

相手の気持ちや自分の欠点などを細かく理解したうえで行動に移せば、きっと失敗せずに物事を成し遂げることができます

怖さに怯えてもそこで終わらずに、克服するように努力していきましょう。

 

人生に報いはきっとあると思い込む

どうせ自分に何も得なんてないし、何もかもがもう怖くて仕方がない。

そう思ってしまった時は、人生において頑張ればきっとその報いがあるものだと考え直しましょう

 

人生1つの喜びに対し10くらいの辛いことが起こってくるものですが、言い換えればそれでも1は報いがあるわけです。

恐怖に怯えるよりも、辛い日々の中にたまにある喜びに期待して楽しく生きていったほうが絶対に良いですよ

 

何もかもが怖くなってしまったら、とにかく今までの楽しいことやこれから起こるであろう楽しいことを考えていきましょう。

きっとそうすれば、何か行動を始めたくなるのではないでしょうか。

Return Top