Read Article

モンスターのカフェインの量は?味はおいしい?飲み過ぎは危険?

モンスターのカフェインの量は?味はおいしい?飲み過ぎは危険?

 

カラフルでオシャレな缶のモンスターエナジー。

 

コンビニなどでも気軽に購入できて、疲れているけれど頑張りたい、という時に飲んでいる方もいると思います。

 

一方で、興味はあるけれど、味の想像がつかなくて、飲むのをためらっている方もいるのではないでしょうか?

 

カフェインの量も気になるところです。

そもそも、体に悪影響はないのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

モンスターのカフェイン量

a1130_000478

モンスターエナジーは一缶355mlで、カフェインの量は142mgです。

カフェインの量について、他の飲み物と比較してみましょう。

 

コーヒー一杯はカップ一杯を150mlとすると、カフェインは約80mgです。

よって、モンスターエナジー一缶のカフェインは、コーヒー2杯程度と考えて良さそうです。

紅茶はカップ一杯で45mgですので、3~4杯程度ですね。

 

こうして考えると、1日に一缶飲むという程度であれば、ほかのカフェイン含有飲料と比べても、そこまでカフェインの量が突出しているわけではなさそうです。

 

ただ、明確な基準はありませんが、カフェインの一日の摂取量は成人の場合300~400mg程度が望ましいと言われています。

 

モンスター一缶で半分近く摂取していしまいますので、他のカフェイン含有飲料を飲む場合には、バランスに注意して飲むようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

モンスターの味

 SEP_327215200714-thumb-815xauto-16089

現在日本では、缶の色が緑色のモンスターエナジーの他に、青のアブソリュートゼロ、オレンジ色のカオスやコーヒーモンスターが発売されています。

 

これ見た目からは味は想像できないですよね。

何味と書いているわけでもないですし。

 

では実際飲んだ人はどのような味の評価をしているのでしょうか。

ツイートからみてみましょう。

 

 

 

 

 

美味しいと感じている人が多いようですが、それぞれに味の特徴があるようで、好みが分かれるところですね。

 

いろいろ飲み比べてみると、お好みの味に出会えるかもしれません。

 

飲み過ぎは危険

 a0001_014071

いざというときに頼りにしたいエナジードリンクですが、体への悪影響が懸念されています。

その主な要因はカフェインの過剰摂取です。

 

2011年にアメリカでモンスターエナジーを飲み過ぎた少女が死亡するという事例が発生しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

モンスターに限った事ではありませんが、エナジードリンクが飲みやすくて、ついジュースと同じ感覚で1日に何本も飲んでしまっている方もいると思います。

 

しかし、気がつかない間に、カフェインを過剰に摂取してしまっていることがあります。

 

個人差はありますが、カフェインを300~500mg程度摂取すると、イライラしたり、不整脈や血圧が上昇するといった症状が現れる可能性があります。

 

依存性も指摘されていますので、くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。

Return Top