Read Article

水出しコーヒーのカフェインの量は?味は美味しい?作り方は簡単?

水出しコーヒーのカフェインの量は?味は美味しい?作り方は簡単?

 

コーヒーはお湯で淹れるもの、と思いますよね。

でも水からも作ることができます。

味や香りも、お湯で淹れるものとは変わります。

 

コーヒー好きな方も、ちょっと苦手という方も、ちょっと一味違う水出しコーヒーを試してみませんか?

 

スポンサードリンク

 

水出しコーヒーとは

a0001_012267

その名の通り、コーヒーを水で出すのですが、お湯で淹れるよりも時間がかかります

水にコーヒーの粉を入れて、じっくり抽出させるのです。

 

その特徴として、香りを逃がさず、甘みとやわらかな苦みが出るということが挙げられます。

 

お湯で淹れるよりも、まろやかで香りが良いコーヒーになります。

さらに、カフェインの含有量が変わります。

 

1gのカフェインを溶かすために必要な水の量は常温46mlですが、80℃で5.5ml、100℃では1.5mlとなっています。

 

つまり、カフェインは水に溶けにくいので、一杯あたりのカフェイン含有量がお湯で淹れたコーヒーに比べて少なくなります

 

コーヒーは好きだけど、カフェインが気になるという方にもおすすめなのが、水出しコーヒーなのです。

 

水出しコーヒーの味

a0027_000831

水出しコーヒーを飲んでみたいけれど、なかなか味のイメージがつかないかもしれません。

実際に水出しコーヒーを飲んでいる人達は、どのように感じているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

どうやら、お湯でドリップしたものとは一味違い、まろやかでコクもしっかりとあるようです。

飲んでみた結果、美味しくて飲みやすいと感じている人が多いようですね。

 

水出しコーヒーの作り方

a0960_000747

水出し専用コーヒーであれば、製品に記載されている分量で作ってください。

もちろん、水出し専用ではないコーヒーからも作ることができます。

 

豆について

 

水出しの場合、コクはよく引き出されますが、浅煎りの持ち味である酸味はあまり出ません。

ですから、フルシティーローストやフレンチローストなどの深煎り豆が向いています。

豆の種類によっても味わいが変わりますので、いろいろ試して使ってみてください。

 

作り方

 

水1リットルに対し、コーヒー豆50~80gをお好みの分量でお茶パックに入れます。

 

あとは、麦茶などを作る要領で、ポットに入れて冷蔵庫で8時間から12時間程度、味を見ながらお好みの長さで冷やします。

 

冷蔵庫で保存すれば3日程度は大丈夫です。

長く入れるほど、濃い味のコーヒーになります。

 

また、パックを出す際には、雑味が混ざってしまいますので、絞りだしたりしないようにしてください。

お茶パックを使わずに、ドリッパーで作る場合はこちらをご覧ください。

 

 

アイスでも常温でも美味しいですが、温めると香りが立って、風味豊かになります。

 

夜、寝る前に準備すれば、翌朝からまろやかで美味しいコーヒーを楽しむことができます。

作り方も簡単ですので、ぜひ試してみてください。

Return Top