Read Article

通帳だけで引き出し・入金は窓口ならできる?ATMはできない?引き出し方・入金方法を詳しく解説!

通帳だけで引き出し・入金は窓口ならできる?ATMはできない?引き出し方・入金方法を詳しく解説!

 

銀行で口座を開くと、基本的に通帳とキャッシュカードを発行してもらうことができます。

ATMでは基本的にキャッシュカードを入れて入金や出金、振込といった手続きを行い、通帳では記帳を行うという方が多いでしょう。

 

しかし、通帳しか持ってこなかったという場合が起こることもあるでしょう。

その場合手続きはATMで行えるのか、あるいは窓口で対応してもらえるのかといったことについて、この記事では解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

通帳のみでATMから出金が行えるかどうかは銀行による

d62664345d896462603fb49b0dc51fd7_s

結論から言うと、通帳単体をATMに入れてお金のやり取りができるかどうかは銀行によってまったく異なります。

また、通帳のみでATMを操作し出金する場合に重要になるのはキャッシュカードの発行の有無です。

 

たとえ通帳のみで出金を行うことができる銀行であっても、キャッシュカードを発行して暗証番号を設定していない場合はATMの操作の続行は不可能になってしまいます。

通帳を誰かが盗み出し、通帳からそのままお金を引き出してしまうという状況が起こってしまう可能性がありますので、その仕様となってしまっているのはやむを得ません。

 

そのため、基本的にキャッシュカードを発行できる銀行がほとんどですが、口座の開設時にはキャッシュカードをしっかりと発行しておきましょう。

 

通帳のみで出金するには口座の開設時に使用した印鑑が必要

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

キャッシュカードがなくても窓口から出金等を行える銀行の場合、手続きを行う際には印鑑が必要となります。さらに、銀行によっては身分証明証も必要となることがあります。

つまり、通帳単体を持って行っても基本的には手続きは続行できません。

 

例を挙げると、みずほ銀行や三井住友銀行では窓口で通帳のみを提示してお金を引き出す際には口座開設の際に届けた印鑑が必要です。

三菱東京UFJ銀行の場合は、身分証明証が必要になる場合があります。

 

ATMや窓口において通帳のみで入金することは基本的に可能

4bf2f38c13a62fd577ea802af0147fca_s

通帳のみを持っている場合、ATMを利用して入金を行うことは基本的にどの銀行でも可能となっています。キャッシュカードを発行しても届くまでに時間がかかるので、当然といえば当然ですね。

 

また、入金が通帳のみで可能だったところで、誰かがその通帳を盗んだとしてもその口座に入金する人はいませんよね。そのような理由からとは断定できませんが、基本的に入金は行えます。

 

そして入金の場合、例えば小銭を貯めていてある程度の量になったから入金しようというケースが考えられますよね。その場合、量が多いとATMでは処理しきれません。

そのため、キャッシュカードがあったとしても窓口で入金したい場合があるでしょう。

 

窓口の場合も、通帳と入金する現金を出して預金を行うことが基本的に可能です。しかし、場合によっては印鑑が必要になることもある可能性がありますので、もしものために持っていくことをオススメします。

 

スポンサードリンク

 

キャッシュカードだけでの入金・出金は可能

83f01a7535d6a40d968f4720fe93c1eb_s

こちらはご存じの方も多いでしょう。キャッシュカードしか持っていないという場合に入金や出金を行うことができるかどうかですが、基本的にすべての銀行やコンビニ等に置かれているATMでそれは可能です。

 

みずほ銀行、三井住友銀行など、様々な銀行で通帳のみでの入金が可能です。ただし、少なくとも三井住友銀行の場合は休日は通帳での入金ができないという制限があるので気をつけましょう。

 

セブンイレブンやファミリーマートといったコンビニのATMの場合は様々な銀行のキャッシュカードを使用して取引を行えますが、通帳は最初から入らない仕様になっていますよね。そのため、記帳を行うことはできません。

 

営業時間外での入金・出金には手数料がかかる場合がある

11ab1cf8ee545354d76b54a49cb9aa55_s

銀行でATMを操作する際に気をつけたいことは、夜や休日に入金や出金を行う場合には手数料がかかってしまうことがあるということです。また、コンビニのATMを使用する場合も手数料がかかることが多々あります。

 

入金でさえも手数料がかかってしまう場合があるため、確認は怠らないようにしましょう。

特に真夜中の場合は、平日・休日を問わず200円近く手数料がかかってしまう銀行もあります。気をつけましょう。

 

しかし、銀行ごとに条件付きで条件を緩和している場合もあります例を挙げると、みずほ銀行は「みずほマイレージクラブ」に入会することで手数料を無料にできます。

 

通帳を発行せずに、ネット上で過去の取引を見られる銀行も多い

db7fdf1c9b6fda7fb660f0f665fe6eb2_s

近年は通帳を発行せずにネット上で明細を見られるシステムも充実しており、それを利用することで時間外手数料を無料にできるなどの特典を受けられる銀行があります。

これまでに述べてきたとおり、通帳単体での取引には基本的に制限があります。通帳を廃止してオンラインで手続きを行える銀行の場合は、廃止して特典を受けるのも良いかもしれませんね。

Return Top