Read Article

安定が手に入る?!食いっぱぐれない資格7選!

安定が手に入る?!食いっぱぐれない資格7選!

仕事に就くために様々な資格を取る人がいますが、資格をとってもそれを活かして食いっぱぐれずに働いていけなければ意味はありませんよね

この記事では、安定して働ける、食いっぱぐれない資格を7つ紹介します。

 

どこからも声がかかり、失業することがない生活をおくるために必要な資格は何か、気になる方はご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

調理師免許

調理師免許を持っていれば、就職がし易いだけでなく、料理に詳しい人である証明にもなります。

調理師免許を持っていると、飲食店関連への就職や喫茶店等の個人営業のお店の開業などに役立ちます

 

ただし、調理師免許を持っていなかったとしても実は飲食関連の仕事をする事自体は可能です。

そして調理師免許を取るには調理師専門学校に行くだけでなく、飲食店などで実務経験をしてから試験を受ける方法もあります

 

人間はものを食べなければ生きていけませんよね。

お店の移り変わり自体は頻繁ですが、調理師免許を持っていれば仕事先はいくらでもあるため、食いっぱぐれないと考えられますね。

 

どこの馬の骨ともわからない人よりも、調理師免許があれば就職や転職できる確率は高いです

 

公認会計士・税理士

公認会計士や税理士は、簿記関係の仕事の中でも人気がありますよね。

人気があるということは食いっぱぐれないことにもつながっています

 

公認会計士は、会計を行う仕事ができる資格です。

公認会計士が会社の財務諸表をチェックすることで、その会社は信用を得られます

 

そのため非常に重要な存在ですね。

他にも経営に関する指導や、企業の内部統制システムのチェックを行うこともあります。

 

税理士は税務書類を作成したり、税務に関する助言を行ったりする仕事です

税務を代理で行ったり、書類の作成をしたりと、とにかく税務に関することに特化しているのが公認会計士との違いです。

 

これらの仕事は、日本に会社がたくさんある限りは食いっぱぐれてしまうことはないと考えて良いでしょう。

 

保育士

保育士と言われると、少子高齢化が進んでいる現状ではむしろ食いっぱぐれそうに思えてしまうかもしれません。

しかし実際はそんなことはないのです。

働き手が少ないため、保育士自体は足りていないためですね

 

また保育園ではなく、託児所やデパート等の子供を預けておくコーナー、会社内にある保育施設などの働き先もあります。

短大や大学で専門の知識を身に着けたり実習を受けたりしてようやく保育士になれます。

 

道のりは大変ですが、保育士になれれば食いっぱぐれません

 

スポンサードリンク

 

看護師

最近は普通の社会人から看護師になる人も増えてきていると言われています。

看護師という仕事は、食いっぱぐれなさでは最高レベルであるためです

 

しかし食いっぱぐれない代わりに仕事はとても大変です。

土日に休めないのは普通ですし、看護なので急なことも色々起こってくるでしょう。

職は安定しても、生活は安定しないものなので注意が必要ですね

 

そもそも看護師の資格を取るまでもとても大変なので、根性がなければいけません。

大学や専門学校で3~4年学んでから、国家試験に合格することで看護師になれます

 

ファイナンシャルプランナー

名前は聞いたことがあっても、実際ファイナンシャルプランナーはどんな仕事をしているのかわからない方も多いでしょう。

ファイナンシャルプランナーは、お金に関するエキスパートです

 

不動産や住宅ローン、相続など、様々なお金に関することのプロとして働いています。

つまりお金が関わってくる業種への就職にはとても有利ですし、普通の会社でもファイナンシャルプランナーの視覚を持っていれば給料が上がるかもしれません

 

FP技能士というファイナンシャルプランナー資格は国家資格であるため、持っていると一目置かれます。

チャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

中小企業診断士

これは中小企業として働く人の手助けを行う仕事ができる資格ですね。

経営について様々な課題が出ますが、その対応のために考えて助言をするのが中小企業診断士です

 

中小企業で働く人にとっては、無くてはならない存在。

そのため食いっぱぐれません。

 

しかし中小企業診断士の資格を得るのはけっこう大変なので、努力が必要ですね

 

宅地建物取引士

宅建とも呼ばれている、宅地建物取引士。これは現在非常に人気が高い資格です。

不動産の仕事に関わるに当たっては、持っているに越したことはありませんね

 

持っていることでの平均年収も高いため、満足度の高い資格です。

宅地建物取引系の仕事をする場合は必ず宅建の資格を持っている人が必要になるため、食いっぱぐれる事はないと考えてよいでしょう

日本に土地や物件がある限りは安泰ですね。

 

しかし合格率は国家試験としては高めであるものの、それでも20%以下であり、合格まではかなり頑張らなければいけません。

70%以上の正解率なら合格できるので、頑張ってみましょう。

Return Top