Read Article

靴が大きい!サイズ調整はどうやる?つま先の調節が重要?対処法を解説!

靴が大きい!サイズ調整はどうやる?つま先の調節が重要?対処法を解説!

 

靴屋さんに行くと自分の気に入った靴を見つけることが出来ます。

ですが、これと思った靴は靴のサイズが大きかったり、小さく履けなかったりすることがあります。

 

なかなか丁度いい靴はない物です。

小さい靴は履けません。

 

ですが、大きい靴であれば調節することで履くことが出来ます。

どのように調節したらいいのかを説明したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

靴が大きい(ゆるい)と何がいけない?

a1180_003778

靴は大きくても入るなら履こうと言う人もいると思います。

ですが、靴が大きいとどうなるのでしょうか。見ていきます。

 

歩き方が変になる

 

靴が大きいとその靴が脱げないように擦ったような歩き方になったり、ガリ股になってしまうこともあります。

サイズの合っている靴では綺麗な歩き方なのにサイズの大きい靴だとそのようなことが起こることがあります。

こうなると、歩きにくく靴に注意しているため歩いていると引っかかりやすくなってしまいます。

 

けがをしやすくなったり、足の形がかわる

 

靴が大きいと、前の方に重心を持って行ってしまうと思います。

 

そうなると指の方に力が入ってしまい足の指の形がかわってしまったり、靴のかかとの方が足を挙げた時に一緒に動かないので歩くたびに、足が靴と摩擦され擦ってしまったりして靴擦れを起こしてしまうことがあります。

 

見た目が良くない

 

靴が大きいと、歩いていても靴に注意してしまい歩き方が変になってしまいます。

そうなると、自分では気づかない人もいるかもしれませんが、見ている人は変な歩き方をしている人だなと感じてしまいます。

 

このように靴が大きいことで歩き方や見た目がおかしくなってしまいます。

更に、けがをしやすくなってしまいます。

そうならないためにも、サイズの合った靴を探すことが大切です。

 

スポンサードリンク

 

靴が大きい時の対処法

a0001_006352

どうしても靴のサイズが大きいけれど、気に入って履きたいと思う靴があるかもしれません。

 

または、店頭で履いた時にはサイズは合っていたけれど、別の日に履いてみるとサイズが大きかったということもあるかもしれません。

 

そんな時にはどのように対処したらいいのでしょうか。

対処方法をお伝えします。

 

靴下を履く

 

最初に思いつくことは靴下を履くことではないでしょうか。

靴下は、薄い生地の物から厚い生地の物まであります。

靴がどれだけ大きいかにもよりますが、厚めの靴下を合わせるといいかもしれません。

 

中敷きをする

 

靴下を履く以外の一般的なサイズの合わせ方です。

中敷きを入れることによって少しですが靴のサイズが変わります。

 

靴屋さんには中敷も一緒に置いてあります。

試しに中敷きを入れて履かせてくれる靴屋さんもあるので履かせてもらうといいです。

 

つま先に詰める

 

靴のサイズが大きすぎる時には、つま先に詰める方がいいかもしれません。

詰める物はクッションだったり、布などでいいです。

 

ジューズ以外であれば、バンドをつける

 

女性ならパンプスなどヒールのある靴を履くことがあると思います。

そんな時に靴に元々バンドがついていればいりませんが、ない場合も多いのでそんな時にはバンドをつける必要があります。

 

バンドは百円均一でも安い物だとあります。

色々な色もあるので自分の好きなのを選ぶことが出来ます。

 

このように、紹介した方法があります。

 

中敷きをすると言うことは知っていると言う人もいるかもしれませんが、つま先につめることは知らなかったと言う人もいるのではないでしょうか。

 

つま先の詰め物や中敷きのお勧め

a0003_001553

先ほど、つま先に詰め物や中敷きをするといいと言いました。

では、市販で売っている物でどのような物があるでしょうか。

 

お勧めの物を紹介したいと思います。

 

つま先に詰める物としては、持っている物で小さい物でも大丈夫ですが、専用のものもあります。

 

つま先に入れるクッションです。

 

 

中敷きはこちらです。

こちらの中敷きはつま先が緩かったらつま先だけきつく、かかとが緩かったらかかとだけきつく、できます。

非常にサイズ調整がしやすいです。そして、値段も安い。

自分の好みの物で、靴を丁度いいサイズにしましょう。

 

靴は外出する時には欠かせない物です。

ファッションの一部でもあるので履きたい靴もあると思います。

ですが、自分の足のサイズに合わせた靴にしましょう。

Return Top