Read Article

通帳の記帳できない原因・理由は?対処法を分かりやすく解説!

通帳の記帳できない原因・理由は?対処法を分かりやすく解説!

 

ある日突然、通帳に記帳を行うことができなくなってしまったという経験をお持ちでしょうか。

今まで使えていたのに急に読み込めなくなってしまったり、しばらく使っていなかった通帳が何故か使用不能になっていたりということは、誰にでもあり得ることです。

 

記帳は基本的に通帳をATMに読み込ませるだけで行うことができます。

この記事では、通帳に記帳できない時の対処法を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

通帳の磁気が壊れている可能性がある

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

通帳が読み込めなくなった理由としてもっともポピュラーなことは、通帳の磁気テープが壊れてしまうことです。磁気テープは通帳の裏に貼られている黒い部分のことです。

一見何の変わりもない通帳であっても、磁気が壊れている可能性があります。通帳を入れるケースの中に入れてしっかりと保管していても、壊れてしまうことはあります。

 

磁気が壊れてしまう原因は、金属や機械との接触です。接触させた途端にすぐ壊れてしまうことはあまりありませんが、しばらく触れた状態にしておくなどした場合は磁気が壊れてしまいます。

 

磁気が壊れてしまったと考えられる場合は、銀行の窓口に行きましょう。ゆうちょ銀行の場合は、貯金の窓口に行くと良いでしょう。

 

窓口では、磁気を直したり通帳自体を変更したりといった手続きを行うことができます。基本的にその通帳だけあれば手続きをしてもらえますが、念の為に印鑑や身分証明証も持って行くと良いでしょう。

 

通帳の記入欄が埋まっていて記帳できない場合もある

4594c23ebad5e6b9a78ce2df1c595e5b_s

通帳に記帳ができないという場合は、記入欄を確認してみましょう。もしかしたら、全て埋まってしまっているという可能性があります。

この場合は、繰越をしてもらいましょう。繰越は基本的にどの銀行でも窓口に行けば行ってもらうことができます。

 

また、ATM自体で自動で繰越をしてくれる場合もありますし、繰越機が別に置かれている場合もあります。

みずほ銀行の場合は、ATMの近くに繰越器が置かれています。この機械に通帳を入れれば、それだけで新しい通帳を入手できます。

 

三菱東京UFJ銀行の場合は、ATMで直接繰越を行うことができる場合があります。「通帳繰越」のボタンがあるものが、繰越を行える目印です。このボタンが表示されていない場合は、窓口に行きましょう。または、繰越機で繰越を行えます。

 

ゆうちょ銀行の場合は、窓口での対応となります。繰越には時間がかかる場合がありますので、時間が空いている時に行くことをオススメします。

 

コンビニのATMで記帳を行うことは原則として不可能

cda2b9ac1dd64e64bf63c34fac5594a3_s

ATMに、そもそも通帳を入れる場所がない、あるいは塞がれていて開かないようになっているという場合もありますよね。そのようなATMでは、記帳を行うことはできません。

 

コンビニに置かれているセブン銀行やローソンATM、イオン銀行のATM、E-netといったATMでは、記帳は行えません。ただし、入金や出金、残高照会などはキャッシュカードを入れればすぐに行うことができます。

 

通帳の記帳はそれほど頻繁に行う必要はありませんので、十分な機能といえるのではないでしょうか。

 

スーパーの中や路上においてあるATMの場合は、その通帳を発行している銀行であっても通帳を入れられなくなっている場合があります。この場合も、記帳は無理ということで他の用途に利用するようにしましょう。

 

また、窓口のある銀行の支店以外に置かれているATMではもう一つ注意することがあります。それは、小銭を入出金することができないことが多いということです。

とっさに小銭が必要になるということもあると思います。しかし、そのような場合でも最低1000円は引き出さなければいけません。

 

小銭のやり取りができないかどうかを見分ける方法として、小銭を引き出す部分が塞がれているかどうかを確認することが挙げられます。

 

スポンサードリンク

 

時間外だと記帳が行えない場合もある

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

通帳を記帳できる時間には、制限がある場合があります。例えば、三井住友銀行の場合は“窓口での記帳は“平日の9時から15時までとなっています。ただしATMでの記帳についてはその限りではなく、普通預金や貯蓄預金の場合は終日記帳が可能です。

 

ただし、定期預金などは8時45分から18時までとなっています。このように、預金の形態によっても異なってきます。

 

みずほ銀行の場合、ATMが稼働している時間内ではいつでも普通預金や定期預金などの記帳を行うことができます。ただし、外貨普通預金と当座預金の記帳は平日の8時45分から18時までが記帳を行うことができる時間帯となっています。

 

三菱東京UFJ銀行の場合も、記帳はATMが稼働していればいつでも無料で行えます。繰越もまた同様です。

 

ゆうちょ銀行の場合も基本的には同様です。休日ですと、ATMが使用できない場合もありますので注意しましょう。大きな郵便局であれば、基本的に土曜日や日曜日にも開いています。

Return Top