Read Article

刺激物の食べ物の例!体によくないと言われるのはなぜ?

刺激物の食べ物の例!体によくないと言われるのはなぜ?

世の中には、刺激物と呼ばれるタイプの食べ物もあります

しかしそれって一体、どんなたべものでしょうか。

 

また飲み物にも刺激物はあるのでしょうか。

炭酸飲料は刺激を受ける印象がありますが、あれも刺激物でしょうか

 

今回は刺激物について詳しく解説します。

体に悪いと言われることもある刺激物ですが、一体なぜなのか。気になる方はご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

刺激物は辛かったり渋かったりする食べ物、香りが強いものも含む

刺激物というと、とにかく口の中が痛くなるタイプのものならなんでもそうなイメージがありませんか

例えば炭酸のコーラなんかも、刺激物に含まれるように思えるのではないでしょうか。

 

しかし実際は、コーラなどの炭酸飲料は刺激物に含まないケースが多いです。

なぜかというと、刺激物は辛いものや渋い味のもの、香りがとても強いものに対して使われるからです

 

つまり口の中に刺激こそあるものの、コーラやサイダーなどは味そのものについては特に刺激があるわけではないために、刺激物には含まないわけですね。

 

刺激物の食べ物・飲み物の例

 

ここからは、刺激物の食べ物や飲み物をチェックしていきましょう。

どんなものが刺激物なのか、気になる方はチェックしてみてください。

 

カレーライス

カレーライスは香辛料がたくさん使われていて、口の中に刺激がありますよね

そのため刺激物として扱われることがほとんどです。

 

辛いカレーライスはもれなく刺激物。食べるタイミングには注意する必要が出てきます。

 

コーヒー

コーヒーも刺激物として扱われます。しかしコーヒーって、辛くありませんよね。

そのため刺激物と言われてもピンとこないかもしれません。

 

コーヒーは苦味が強い飲み物ですよね。

そのため刺激を受けるということで、刺激物認定されています

 

胡椒たっぷりのラーメン

胡椒がたっぷり使われているラーメンは、刺激物として扱われますね。

薬味をたくさんかけたら刺激が強くなるからです。

 

ラーメンそのものは刺激物でなくても、スパイスによって刺激物になります

かけすぎには注意しなければいけませんね。

 

ビビンバ

ビビンバも、キムチが含まれているため刺激物ですね

キムチはとても辛いので、単体で食べてももちろん刺激物認定されます。

 

麻婆豆腐

麻婆豆腐は、辛いですよね。あの辛さは当然、刺激物認定です

辛い食べ物は基本的に刺激物扱いなので、食べるタイミングにはやはり気をつけなければいけませんよ。

 

緑茶も刺激物な場合あり

緑茶も、刺激物です。

驚いたかもしれませんが、コーヒー以上に緑茶もまた苦味があったり、匂いが強かったりしますよね

 

そのため辛くはないとしても、やはり刺激物として扱われます。

健康的なイメージが強い緑茶も、刺激物ではあるわけです

 

スポンサードリンク

 

刺激物が体に良くないのは、摂りすぎると睡眠不足になったり中毒状態になったりするから

刺激物がなぜ体に良くないのかというと、摂りすぎることで睡眠不足になってしまうからです

刺激物を取ると体温が上がり、体が興奮状態になります。そのため眠れなくなってしまうんです。

 

またずっと摂っていると中毒状態になり、状況はより悪化してきます

刺激物の食べすぎ飲み過ぎは、避けなければいけません。

 

刺激物はこんな時に、食べない方が良い

 

刺激物を食べない方が良いタイミングについて解説します。

 

タバコやお酒を嗜んだ後に刺激物を食べるとより刺激が強くなってちょっと体に悪い

タバコやお酒の後に刺激物を食べたり飲んだりすると、刺激がより一層強く感じられます

タバコやお酒そのものも、刺激物として扱われることがあります。

 

体の状態が悪くなるので、過剰摂取は控えなければいけませんよ。

 

妊娠や授乳をしている時期は、女性は刺激物をできるだけ控えた方が良いと言われることも

妊娠中や授乳期間の女性は、刺激物を取らない方が良いと言われています。

なぜかというと、妊娠中は体の中の赤ちゃんに、授乳中は母乳を飲む赤ちゃんに刺激物の成分が悪影響を及ぼすかもしれないとされているからです

 

ただしこの説については微妙なところがあります。

しかしこれ以外にも、妊娠初期などは体のバランスが崩れやすいために刺激物はやめておいた方が良いなどのことが言われていますよ

 

口の中を怪我していたり、消化器系に病気があったりしたら刺激物はキケン

口の中に口内炎があるときにカレーライスなどを食べるとかなりしみますよね。

そのため刺激物を口の中の状態が悪化しているときに食べるのはアウトなことについては理解できるでしょう

 

他にも、消化器系に病気がある場合などに刺激物を食べるのも危険と言われています。

 

ダイエットでやたらに刺激物を食べるのはむしろ逆効果なこともある

ダイエットで刺激物を食べて体温を上げよう!というのは、やはり体が常時興奮状態になって睡眠不足になるなどの関係もあって、逆効果になる恐れがあります。

食べすぎには注意しなければいけません。

Return Top