Read Article

海水を飲むのは危険?理由は塩分過剰摂取?幻覚を引き起こすことも?

海水を飲むのは危険?理由は塩分過剰摂取?幻覚を引き起こすことも?

 

海に行った際に思わず海水を飲んでしまった、という経験がある人は多いと思います。

しかしたくさんの量を飲んでしまうのは危険だってご存じでしたか?

 

確かに真水とは違うので、塩気もありますし、基本的には大量には飲むことができないものですよね。

海水を飲むとどんな危険があるのか、纏めてみました。

 

スポンサードリンク

 

海水は飲んでもいいの?

LIG93_ocyawogubigubi1194500

海水には塩分が含まれています。

海水を大量に飲むということは、塩分の過剰摂取にもつながるのです。

 

海水の塩分濃度は約3%だと言われています。

これに対し、人間の塩分濃度は0.9%。

 

海水の方が圧倒的に塩分濃度が高いことが分かります。

海水を飲むと体の中の塩分バランスが乱れてしまいます

 

そこで体が余分な塩分を排出しようとする機能が働き、その際に多くの水分が必要となります

そうなると、脱水症状を引き起こしてしまうので、この脱水症状が進んでしまうと、場合によっては命に係わることになってしまいます。

 

この塩分によって、腎臓がダメージを受けてしまい、このダメージが強くなってしまうと、腎臓が炎症を起こしてしまう、腎炎も発症してしまいます。

海水を飲むと脱水症状と腎炎のリスクが高くなるので、できるだけ飲まないようにしたほうが体力を消耗することを避けるようになるのです。

 

スポンサードリンク

 

海で遭難した時にはどうすればいい?

91

海で何かの事故に遭遇してしまい、海水を飲むしかなくなってしまった、ということもあるかもしれません。

遭難、漂流は絶対にしないという断言はできないのです。

 

しかし先ほど述べたように、海水は大量の摂取をしてしまうと脱水症状を引き起こしたり、腎炎の原因になってしまうので危険です。

ではどのようにして水を確保すればいいのでしょうか?

 

もしも、ペットボトルがあるのならば、ペットボトルに海水を入れ、太陽でそのペットボトルを温めます。

そうすると水分が蒸発をしてくるので、蒸発をしたものを集めて水として飲みます

 

蒸発をしたものを集める、と言うのは難しいようにも思えますが、水滴となってペットボトルの内側についてくるので、これをペットボトルを回しながらふたの部分に集めると良いです。

 

この水には塩分が含まれていないので、脱水症状を引き起こしたり、腎炎になることもリスクとしては低くなります。

ですので、もし遭難してしまったら、漂流している物を使ってなんとか塩分の含まれていない状態にしましょう

(かなり難しいですけど(笑))

 

海水には塩分が含まれているので危険ということではありますが、場合によってはウィルス感染を引き起こすものも含まれていることがありますし、重油などの危険な物質も含まれている可能性もゼロではありません。

小さいお子さんは絶対に口にしないように注意が必要です。

 

海に行くなら、こちらの記事は役に立ちますよ。

>>海の砂浜での遊び方でおすすめ8選!!

>>日本の海水浴場にサメは出る?過去には事故もあった?

>>海水浴の必需品リスト!家族、子供、赤ちゃんがいる場合も対応!

Return Top